PATRICK

1892年、西フランスのプソージュという村で靴職人であるPatrick Beneteau(パトリック・ベネトー)が息子たちと靴を作り始めた。
"一足一足に情熱を込める"
父が語ったその言葉は息子たち、そして孫たちへと受け継がれていった。
1930年 PATRICK はサッカースパイクを中心としてスポーツシューズで高い評価を受けた後、1972年ついにシューズの後方に鋭く刻まれた「2本ライン」が誕生、ブランドのイメージを更に強烈なものにした。その後、PATRICKが発表するカラフルなスポーツシューズはファッションに敏感なパリの人々から注目を集めて行くことになった。
日本へは1978年に初上陸。当時、機能性だけが注目されていたスニーカーの中で、PATRICKの持つ鮮烈なカラーリングや洗練されたフォルムは、流行に流されない洒落者たちから密かな注目を集めてきた。
PATRICKは当時のコピーである"足元のメークアップ"を現在でも忠実に受け継ぎ、流行に左右されることのない、洗練された大人のファッションを表現するブランドを目指している。