blog

2018.06.07

【ESI Grips】Silicone Tape 使用してみました!

先月より取扱を開始した『ESI Grips』

・ESI Gripsについて
1999年に南カリフォルニアで創業したシリコンフォーム・グリップ&バーテープの専門メーカー。

2003年にMTBグリップの発売を開始後、瞬く間にMTBレーシングの世界で定番のグリップとなりました。
MTBグリップで培ったノウハウを活かして作られたバーテープも追加され、現在も変わらぬ高い人気を博しています。

 

最近、密かに売れている「Silicone Tape」

私「ただのシリコン製の粘着テープじゃんかー」と思っていました。

ESI GripsのRCT Tapeには化粧テープとしてこのシリコンテープが付属してますが、

単純に巻き直しようにしては購入されているの販売店さんが多く何故という思いが強くなり

実際に購入し使用してみるに至ったのでした笑。

※上に写っているグリップ「Chunky(チャンキー) 」はブロンプトン用に購入。

こちらも今度インプレッションします。

 

見た感じ、触った感じ、伸縮性の高い普通のテープです。

 

特徴はテープとテープを重ねるとまるで接着したかのように固定する事が可能ということ。

 

とりあえず切って…、重ねてみます。

引っ張っただけでは、剥がれません!笑。

指で端から引きはがすようにしても、中々取れない!

バーテープの末端処理は、ビニテかバーテープに付属の化粧テープで行うと思いますが、

使用中にこのように剥がれてきてしまう場合があります(特に末端処理が雑だと…

 

ESI GripsのSilicon tapeなら、耐久性抜群。綺麗に処理できます。

なるほど、これは確かに便利だし、耐久性も良ければ使うわ…。

 

カラーバリエーションも8色と豊富

ブラック、クリア、ブルー、グレー、オレンジ、 レッド、ホワイト、イエロー

 

パッケージにあるように、様々な使い方が出来ます!

・巻き付けたバーテープの仕上げに
・チェーンステイに巻き付けてプロテクターに
・フレームにケーブルを固定する場合に
・グリップ/バーテープの代わりに

 

・価格 1,300円(税別)

・長さ 約3メートル

 

好評販売中です。いかがですか?