blog

2017.12.26

【KARMOR】フラッグシップモデル ditro(ディトロ)

【リアルアジアンフィット】をテーマに掲げ、

日本人の頭にフィットするヘルメットを展開しているKARMOR(カーマー)

 

 

そのKARMORのフラッグシップモデル、「ditro(ディトロ)」のご紹介です。

 

■ホワイト                ■ホワイト+ブラック+レッド

 

■ブラック                 ■ブラック+ブルー

 

・サイズ: S/Mサイズ 55-58cm、Lサイズ 59-60cm
・重量: S/Mサイズ 230g、Lサイズ 260g
・JCF公認

 

 

前面から見て分かるように、風の取り組み口が大きく空いています。

その穴数は16個。

 

風を最大限取り込むような形状に設けられたエアインテーク。

 

ditroには「Superior Air System」という独自のテクノロジーを採用しています。

同エントリーグレードの「asma2(アスマ)」に対して、時速50km/h走行時で20%の通気性向上を実現しています。

 

ヘルメット後部もエアインテークが大きく開けられ、排出も考えられた形状となっています。

 

オプション販売で、空気抵抗低減効果や悪天候時や冷気から頭を守る「エアロカバー」も用意。

上から合わせて嵌めるだけなので、取付、取外も簡単です!

(UCIやJCFの公認レース及びJCF競技規則に準じる大会では、エアロカバーは使用できません。)

 

 

勿論、KARMOR製品らしく、フィット感も抜群!

KARMORのヘルメットは約4万人のアジア人の頭の形をリサーチしたうえで、設計・開発されています。

特徴ある横幅の広い日本人の頭の形に合うヘルメットです。

 

KARMORのどのモデルも共通なのですが、サイドのシェルの構造を独自設計にしており、

正面から見たときに、サイドのシェルの張り出しが抑えめになっています。俗に言われる「キノコ頭」になりにくい、スマートなデザインとなっています。

 

メッシュストラップ採用し、着用時、汗で不快になることを軽減しています。

 

 

1mm単位の調整が可能で、尚且つ1点に締め付ける力が集中しにくく
近年シューズに採用されることも多くなったBoaダイヤル。
KARMORのヘルメットには、このBoaクロージャシステムを採用しています。

 

後頭部を包みこむような、フィット感を得られます!

 

放熱性を最大限考え、尚且つ空気抵抗も考えられたヘルメット「ditro(ディトロ)」

オプションでのエアロカバーを付けられる拡張性も魅力ですね。

勿論、KARMORらしいフィット感の良さも実現してます。

 

■KAMRORブランド紹介ページ

http://www.mizutanibike.co.jp/?allbrand=karmor

 

■シクロワイアード  新製品情報2017

カーマー ditro BOAダイヤルを使用する新型フラッグシップヘルメット

http://www.cyclowired.jp/news/node/211531