blog

2017.11.09

【Panaracer】CX,MTBに最適!低圧専用タイヤゲージ

先日、パナレーサーより低圧専用のタイヤゲージが発売されました!

BTG-F-LP  FV 低圧専用内圧ゲージ

価格(税別) ¥2,848

 

通常のタイヤゲージが上限1,080kPa(10.8bar)なのに対して、こちらの商品は上限320kPa(3.2bar)となっております。

 

MTBやシクロクロスでは通常1~2bar前後が常用されます。

ロードでも使える通常のタイヤゲージだと、高圧域に対応している為、低圧域における調整がシビアになり、誤差が大きくなってしまいますが、この商品を使えば簡単に0.1bar単位で空気圧の調整が可能です。

 

実際に使ってみました。

フロアポンプにて2barあたりまで入れてタイヤゲージでチェックすると目測1.9bar付近でした。やはり10barを超えるスケールですと低圧で少なからず誤差が生じてしまいます。

少し高めに入れてから上部の空気解放のバルブを押して「プシュ!」とすこしづつ空気を抜いて合わせていきます。

 

低圧で走るMTBやシクロクロスではロードに比べて空気圧が重要なファクターになります。

せっかくの良いタイヤでも空気圧の設定が適切でないと本来の性能を損なってしまいます。また路面状況に応じて空気圧をこまめにチェックすることで「この路面なら〇barぐらいかな」といった感覚も養うことができますね。(私もいろいろ試している最中です)

 

これからのシーズン、1つ持っていると非常に重宝しますよ!