blog

2017.03.13

シマノ シンクロシフト Di2 9070や6870でも使用可能になりました

MTBコンポーネントのXTR Di2、XT Di2、
そしてこの前発売されたばかりのR9150新デュラエースDi2に掲載されているシンクロシフト機能。

 


先週末、9070デュラエースDi2、6870アルテグラDi2のフロントディレーラーとリアディレーラーに
このシンクロシフトが使用可能なファームウェアが公開されました。

 

http://e-tubeproject.shimano.com/firmware/

 

XTRより採用された「シンクロシフト」
リアディレーラーを動かすだけで、効率的なギア比を判断しフロントディレーラーが自動変速するというもの。

 

これに加えR9150シリーズから初めて搭載された「セミシンクロシフト」は
逆にフロントディレーラーを動かした際に、ギア比が変わりすぎないようにリアディレーラーが自動的に変速するというもの。
私たちが実際行っていた操作をDi2がサポートしてくれることで、よりストレスフリーなライディングをすることが可能になります。
今現在、9070や6870を使用している方はファームウェアのアップデートで使用可能になります。


ただ使用するにはいくつか条件があり、内蔵バッテリー使用中であれば「BT-DN110」という新しい内蔵バッテリー。
外装バッテリー使用中であれば「BM-DN100」という新しいバッテリーマウントが必要です。

 

Bluetooth対応の最新のワイヤレスユニットを使用されている方はスマホやタブレットで、
使用されていない方はパソコン画面でE-tubeプロジェクトを使用しファームウェアをアップデートしてみてくださいね。
※スマホ・タブレットではEW-WU101又はEW-WU111とそれに対応するバッテリーやバッテリーマウントが必要
※パソコンではSM-PCE1という自転車とパソコンを繋ぐ製品が必要です。
※自転車販売店で作業として行っているところもありますのでご相談下さい。