blog

2017.06.01

マルチファンクション・ヘッドウェア「BUFF」

 

「Buff」をご存知ですか?

 


スペイン生まれのマルチファンクション・ヘッドウェアと弊社カタログに紹介されてますが、
「はて?マルチファンクション・ヘッドウェアとは?」と中々思い浮かびにくいですよね?

 

Buffは、1992年にスペインで出来たブランドで、今もスペインの自社工場で生産されてます。

通常の布や生地と違い、細い糸を靴下のように編んで作られることで、横方向への伸縮性に優れており、
頭、首、腕、足などに色々な場所に装着出来、また色や素材も豊富で機能性とファッション性を兼ね備えています。

 

 

自転車以外にもスキー、トレイルラン等様々なスポーツで使用されています。

似たような機能性ヘッドウェアも良く見るようになりましたが、Buffが機能性ヘッドウェアの発祥のブランドです。
クールマックスやポーラテック等、使用する素材の中でもグレードの高いものを使用しており、
スペインで生産されています。その製品への自信から、必ず製品に「Buff」の文字が印刷されています。


一般に販売されている製品だけでなく、コラボレーションモデルや販促品などにも「Buff」のブランドロゴが印刷されており、
ブランドイメージの向上にも役立っています。

さて
「マルチファンクション・ヘッドウェア」=「多機能ヘッドウェア」
実際どのような使い方が使い方が出来るのでしょうか?

 

(Buffホームページより)

 

 

一般的なのはネックウォーマー的な使い方ですね。


冬では寒さ避け、夏場では日差し、日焼け予防に最適です。
素材もクールマックスを使用した通常のモデル、UVメッシュモデル、保温性の高いウールモデルやポーラテックを使用した真冬用の物など。
場面に合わせて使用頂けます。

 

 

次に一般的なのはヘッドバンドでしょうか?


私は良くローラー台で汗取用にこの使い方をしています。

ターバン風やパイレーツ風にしてみたりと色々アレンジも可能です。

①パイレーツ風

②キャップ

③ターバン風

 


夏場ではサイクルキャップの代わりとして、汗のしずく防止にも最適ですね。
ヘルメットライナーと呼ばれる、メッシュ素材で長さが短めのヘルメットのインナーに最適化されているモデルもあります。

 

 

この前、メーカー担当者から教えてもっらたのは、「バラクラハ」と呼ばれる被り方。


今年の冬はウールモデルで、この被り方をして、冬場を乗り切ろうかなと思ってます。

 

 

オリジナルバフ

リフレクティブバフ

バイザーバフ

ポーラバフ

 

10種類以上の使い方が出来る「Buff」
アレンジは使用するあなた次第です。まだ1枚もお持ちでない方は、1枚試しに購入してみてはいかがでしょうか?