blog

2017.04.10

新しくなったデュラエースブレーキの性能は如何に?

新しくなったデュラエースブレーキの性能は如何に?

 

新しいデュラエースのキャリパーブレーキ「BR-R9100」にはブースターと呼ばれるブレーキアーチの補強が入っています。

旧デュラエースのBR-9000も、その前のBR-7900から比べるとアーチ形状の変化等で大幅にブレーキング力がアップし、

ブレーキタッチも軽くなりましたが、ブースターが入ったことによってフィーリングの変化はあるのでしょうか?

 

私め、BR-7800→BR-7900→BR9000と使い続けてますし、

新デュラエースのブレーキも試してみたくなり、自費購入してみましたのでインプレッションします。

 

BR-R9100のブレーキキャリパー

※重量はブースターの分だけ重量増となっているようです(残念)

 

 

BR-R9100とBR-9000の外観の比較

※MAX対応タイヤサイズが25C→28Cへ変更となってます。

 

こちらが新たに追加されたブースター

 

9000との比較。

 

交換して、実際に使用してみるとブレーキング力が向上しているのがわかるほど、ブレーキングれょくは向上しています。
特にリア側が良く効くようになったと感じます。ブースターの効果でしょうか?初期制動からカチッと決まります。
かといってブレーキロックしやすいかというと、ロックするまでの間は大きくなったと感じます。

 

中々言葉にするのは難しいのですが…、タイヤロックまでのキャパシティは広がり、

自転車を操ることが出来る部分が広がり、

デュラエースの「ライダーがバイクと一体となって最大限のパフォーマンスを発揮できるよう 」というテーマが具現化されていると感じました。

※ST-9070で使用、タイヤはContinental Gp4000S 25C

 

ブレーキング力は向上し、ロックもしにくく更に扱いやすいフィーリングとなったBR-R9100。

流行の太いタイヤも使えますし、前作の9000シリーズと互換性もあります。
グレードアップはいかがでしょうか?

 

※個人的な感想ですので、悪しからず…