blog

2018.09.12

Defeet NEWモデルのご紹介!!

Defeet 2018秋冬モデルより新製品である「EVO」シリーズが入荷してきました!

 

Defeet 「EVO」シリーズは、長年の間サポートするプロチーム「クイックステップ」のために作られました。

プロ選手からの要望は4点。

1)肌ざわり滑らか

2)優れた通気性

3)どんな状況下でも快適

4)軽量性

です。

 

その選手からの要望を受け、Defeet史上最軽量ソックスが開発されました!

 

それがEVOシリーズです。

 

3つのモデルの共通点は、技術革新によって生まれた「特殊な素材」を使用し、更に進化したDefeet独自の編み込みをしているということ。

通常であれば素材が持つ軽量性のみが強調されますが、Defeet独自の編み方で伸縮性の高さだけでなく、通気性や快適性の向上を見込めるパターンを採用し、

まるでソックスを履いていないような履き心地を目指して、開発されています。

 

全て6インチカフ(足首の長さ)です。

 

 

EVOシリーズは3種類

・Evo Carbon  価格:3,300円(税別)

カーボンが編み込まれた素材を使用することで、

高い伸縮性を持ちながら、通気性と透湿性に優れ、更には熱を持ちにくい特性により常に足元を涼しく保ちます。

また防臭性にも優れるといった、素材自体の特性も持ち合わせます。Defeetソックスシリーズ中、最も薄く、軽いソックスです。

 

 

・Evo Classique 価格:2,800円(税別)

ソックス全体にクラシカルなイメージのリブパターン編みを採用。

伝統的なクラシカルな見た目ですが、その見た目の印象とは違い、Evo Mont Ventouxと同じ最新素材を使用。薄く通気性に優れ、高温下での使用に適しています。

 

 

・Evo Mont Ventoux  価格:2,800円(税別)

高温下でも快適な高い通気性とフィット感を得るためにソックス全周に渡って格子状に編まれたメッシュ素材を採用

汗をかいても蒸れず、靴の中でずれない高いフィット感を実現しています。

過酷な環境下でも着け心地を感じない快適性を誇る、軽量ソックスです。

 


私事ですが…

ミズタニ自転車に入社する前、大学で競技をしている際にもDefeet製品を愛用していました。

ソックスは耐久性が高く、長く優れたフィット感が続く事。

グローブは薄手ながら風を通さず、高いフィット感。冬場のグローブにありがちな、ごわごわ感がなく素手の間隔で握れるので好んで使用していました。

 

「AI」や「LE」は当時からあったラインナップで、編み方が変わったりのマイナーチェンジはありましたが

今回のEVOシリーズは全くの新製品。10年以上愛用している製品の新シリーズということでかなり期待していました。

 

という訳で、「Evo Carbon 」「Evo Mont Ventoux 」を即購入しました笑。

 

まずは「Evo Carbon

炭素が編み込まれた素材を使用したせいか、コンプレッションが強めですね。

そして持っただけで感じる「軽さ」、履き心地は脚に吸い付くようなフィット感を得られ一体感を感じます。

熱を持ちにくい、防臭性の効果は長期間使用してみないと判りませんが、ソックスに重要な要素なので効果に期待ですね。

※少し小さめ、コンプレッションが強いこともあり、1つサイズ大きめでも良いかもしれません。

 

 

そして「Evo Mont Ventoux

まず感じたのが肌触りのよさ。そして手が透けるほどの薄さと伸縮性の高さ。

破れてしまうのではないだろうか?と思うぐらいの薄さと伸縮性の高さです。

今までのソックス(他社も含む)とは全く違う質感で驚きました。

 

履き心地も軽く、この「Evo Mont Ventoux は一瞬で気に入ってしまいました笑。

ということで、早速全カラーを追加購入してしまいました(←それくらい気に入ってしまいました

「Evo Carbon よりも「Evo Mont Ventoux の衝撃が大きすぎてしまいましたが、個人的な好みかもしれませんね~。

Carbonのが着圧が強いので、そちらのが好きな方いらっしゃると思います。

 

 

ちなみに重量は

ちなみに同じDefeetシリーズで

・LE→21g

・CY→21g

でした(いずれも片足 Mサイズで計測

 

私含め、リピートも多い「Defeet」

新しい「EVOシリーズ」も宜しくお願いします。