blog

2017.06.12

Muc-Off 「マットフィニッシュディテイラー」

近年、軽量カーボンフレームの普及に伴い、マット仕上げのフレームが多くなってきました。

塗装の重量を抑えられ、落ち着いた高級感のあるデザインになり人気のカラーですね。

 

マット仕上げのフレームは手入れの難しさが難点。こすっては傷がついてしまいますし、通常のコーティング剤を使うと、ツヤが出てしまいます。

 

先日、Muc-Offからマットカラーに対応した新しいコーティング剤が発売されました!

 

Muc-Off

マットフィニッシュディテイラー

容量:1リットル

価格(税抜き)¥2,500

 

 

 

新製品ということで、所有しているマットカラーの自転車で試してみました。

通勤で汚れてしまっているので、まずはステージ1の「洗浄」から。

 

フレーム、パーツ全般→ナノテックバイククリーナー

ドライブトレイン→ドライブトレインクリーナー

どちらも水をかけたのち、万遍なく散布、気になるところ(汚れの多いところ)を軽くブラッシングして流すだけの簡単作業。

詳しくは下記の紹介記事をご覧ください。

Muc-Off 「NANO TECH BIKE CLEANER」その1

Muc-Off 「NANO TECH BIKE CLEANER」その2

Muc-Off 「DRIVETRAIN CLEANER」

 

乾かした後はいよいよマットフィニッシュディテイラーの出番です。

やりやすいようにホイールを外します。

散布し、ファイバークロスで拭き上げていきます。

揮発性ですので乾く前に素早く全体を拭き上げていくのがポイントです。

 

完成!

befor

 

after

マット仕上げのため写真ではわかりづらいかもしれませんが(汗)艶はでずに表面には綺麗にコーティングがかかっています。

もともと汚れの付着がしやすいのがマットフィニッシュのウィークポイント・・・

しかし、このコーティングをすることで汚れの付着を防ぐことができます。それにより定期的な洗車の効率もとても上がります。まさに一石二鳥ですね!

 

Muc-Offの提唱する

ステージ1→汚れを落とす(クリーナー類)

ステージ2→汚れから守る(コーティング類)

ステージ3→本来の性能を引き出す(チェーンルブ類)

 

この3ステップで愛車をいつまでも綺麗に保ちましょう。