blog

2019.03.07

SNS担当者バイクのご紹介 その1

SNS担当者のバイクをご紹介します。 その1

 

シクロワイアードさんの連載記事に「あなたの自転車を見せて下さい」がありますが、

愛車にどのようなこだわりを持っているのか?、というのは意外と気になるもの。

 

特に一般のユーザーさんから見て、自転車関係者の乗るバイクは特に気になったり?

(気にならない人が多かったらどうしましょう…、企画倒れ…)

 

「あなたの自転車 見せて下さい ミズタニ自転車編」としまして、

弊社スタッフのバイクとそのこだわりを紹介できたらと思います。

まずその1回目、SNS担当者である私のバイクをご紹介します。

 

■Guerciotti(グエルチョッティ) ECLIPSE 64-14 2018年モデル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ECLIPSEのインプレッションはこちら↓

2017.12.20【Guerciotti】ECLIPSE64-14 購入しました!

 

残念ながら、2019年廃盤となってしまいました…。

2019年グエルチョッティ 製品ラインナップはこちら

http://www.mizutanibike.co.jp/brand/guerciotti/

 

■パーツ構成

・コンポーネント:シマノ デュラエース Di2

・ホイール:シマノ WH-9000-C35-CL

・ペダル:シマノ デュラエース PD-R9100

・タイヤ:コンチネタンル GP5000 CL 25C

・チェーン:KMC X11-EL

・ハンドル:日東 Mod.90

・ステム:日東 UI-87

・バーテープ:SILVA Mio

・シートピラー:トムソン Masterpiece

・サドル:SMP コンポジット

 

こだわりポイント その1

■ハンドル:日東 Mod.90

■バーテープ:SILVA MIO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本メーカー 日東のカーボンハンドルバー。

学生時代から、丸ハンドルか、日東のハンドルを使用してきました。

海外ブランドのハンドルだと、ドロップやリーチが大きい物が多く、手になじみにくいので。。。

日東のカーボンハンドルは形は同社のM106と同じ。

そして全く撓まない剛性の高さ。軽量なものだと握っただけで撓むものもあり…。コントロールする部分は信頼できるものが一番。

ステムもハンドルに合わせて日東のステムです。(CNC加工されててロゴも小さくカッコいい!)

 

バーテープもイタリアブランド「SILVA」の新作MIO。素材と特殊な表面加工で薄く、グリップ力が高いのが特徴です。

バーテープは数多く取扱してますが、弊社の取扱商品では(ロードでは)一番気に入ってます。

 

こだわりポイント その2

■サドル:Selle SMP コンポジット

■シートピラー:トムソン Masterpiece 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生時代に知人が使用していて、初めて見たときに「何この形…」と引いてしまった覚えがあります笑。

入社し、使用することになって「やべぇ、座れなかったらどうしよう…」と思ったりしましたが、杞憂に終わりました。

今はこのサドル以外、考えられないほどです。

お尻にピタッとハマるので、力を入れてペダルをこいだ時にパワーが出やすく、お尻とサドルの設置面積も広いから、長距離乗っても痛みもなく、擦れもしにくい。

このコンポジットに落ち着くまでに、何種類も試しましたけどね汗。(是非、皆さんも色々乗り比べてみてください)

 

シートピラーはトムソンのマスターピース。軽量、2本締で調整が楽。安定感も抜群で、信頼のトムソンです。

 

■こだわりその3

・RIDEA C60 ビックプーリーケージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビックプーリーに関しては当初懐疑的だったのですが(元競技者あるあると思ってます

使ってみたら、確かに抵抗減の効果は感じます!

RIDEAのビックプーリー遍歴 : T35(13×15T・アルミ)→C38(13×18T・カーボン)→C60(16×20T・カーボン)

プーリーの歯数が大きくなればなるほど、ペダリングが軽くなるからびっくりします!

その分、デメリットとして調整はシビアです、変速ロスは想像していたよりはないので、レースでも全く問題なし!

そして何より、装着していることがどこからでも分かる「存在感!」

KMCの金ぴかチェーンとともにアピールしまくってます笑

 

 

■こだわりその他

・コンチネンタル GP5000



 

 

 

 

 

 

 

 

 

GP4000S2の性能を更に向上させた「GP5000」

ベストセラータイヤの細かい説明は不要ですね。

・ハンドリングがクイックに感じるほどの高い「グリップ力」

・走行音が明らかに小さくなった点でも感じる「軽さと転がり抵抗の少なさ」

・荒れた路面でも跳ねにくくなった、向上した「衝撃吸収性」

耐久性も2000km走った限りでは、変わりなさそうです。

このクリンチャーをレースで使いたいがために、新しい決戦ホイールが欲しくなってしまうほどです…。

 

 

と、数多くこだわりポイントがある中で、特に抜粋してご紹介させて頂きました。

弊社取り扱い製品でまとめられたバイクではありますが、どのパーツも気に入って使用しています!

あなたのこだわりに響くパーツやポイントはありましたか?

 

各ブランドの製品紹介へは弊社ホームページのトップページからリンクがあります。

 

他のスタッフのバイクも機会があればご紹介しますので、お楽しみに!

3/11 その2 公開しました↓

2019.03.11 SNS担当者バイクのご紹介 その2

 

 

最新情報はSNSをご覧下さい

 

■MIZUATNI BICYCLE FACEBOOK
https://www.facebook.com/mizutanibike/

■MIZUATNI BICYCLE INSTAGRAM
https://www.instagram.com/mizutanibicycle/