with BROMPTON

ニッポンの古都・京都 with BROMPTON その2

嵯峨釈迦堂から、市道29号線を東に進みます。
すぐに見えてくるのが、広沢池。このエリアは京都とは思えないのどかな田園風景が楽しめます。

秋にはたくさんのカカシが並んでいて、こちらも見ごたえありますよ。
この市道29号線は緩やかなアップダウンが続きます。
通りには茶屋やカフェなどもあり、休憩するポイントもたくさん。寄り道も楽しめます。

広沢池からしばらく走ると、仁和寺に到着。通りに面した二王門は1600年代半ばの建立というからおどろきます! 

この道をさらに東に進むと、石庭で有名な龍安寺に、そして誰しもが知る金閣寺にいたります。今回は市道101号線に入り、京福電気鉄道北野線の龍安寺駅を目指します。

お目当ては、駅の北側にある笹屋昌園の名物、とろっとろな「本わらび餅 極み」。店内にイートインスペースはありませんが、すぐに食べたいというとスプーンをくれたので、お店のそばにある公園でいただくことに。

「本わらび餅 極み」はスプーンで持ち上げるとものすごい粘りなのに、口の中ではスーッととろけて、初めての体験!本物のわらび粉で作ったわらび餅は希少なので、ぜひ挑戦してみてください!

わらび餅を堪能した後は、そのまま京福電気鉄道の線路沿いにローカル線の風情を楽しみつつ東に向かます。ローカル線の風情ではありますが、数分おきに行き交う電車は地元の重要な存在であることがわかります。

ほどなくして到着した北野天満宮は、修学旅行生で賑わっていました。

古い石灯籠の並ぶ歴史を感じる参道は梅の名所で、最近では”青もみじ”と称して夏の風情も売りにしています。

そして、ここの名物といえば粟餅です!
北野天満宮の南にある老舗の粟餅所・澤屋さんで粟餅セットをいただきます。朝から美味しいものを食べ続けていますが、上品なあんこと粟餅のバランスが絶妙で、するすると入ってしまいます。

もちろんどこを見ても歴史が感じられる京都ですが、このエリアは商店街などに下町のような雰囲気もあったりして、ほのぼのとブロンプトンを走らせることができます。

何度訪れても新しい発見がある、それが京都ですね。ブロンプトンで巡れば、より新鮮な出会いもありそうです。

その3では、京都の中心地、京都御所エリアに向かいます。
晴明神社、御金神社など話題のパワースポットを巡り、美味しいお蕎麦をいただきます。


2018年06月12日 / Cycling /

   運営:ミズタニ自転車株式会社