with BROMPTON

静岡散歩 with BROMPTON その3

久能山からまた太平洋自転車道にルートを戻し、約7km先の三保松原を目指します。

この三保松原は海岸線に約7kmにわたって3万本の松林が連なる景勝地。松原の中心には、天女が舞い降りて羽衣をかけたという伝説の松の木もあります。

さらに三保松原と御穂神社を結ぶ参道は、「神の道」と呼ばれる松並木が続きます。

並木の保護のため板張りの遊歩道が設置されていて、自転車は押し歩きなら通行可能となっています。樹齢200年といわれる立派な松の木が並ぶ様は、迫力満点ですよ!

海岸線に出ると、海越しにどーんと富士山が見えて来ます。今回は夏の富士山なのですでに積雪は残っていませんでしたが、どんな季節でも富士山は魅力的ですよね。


三保松原からの絶景を堪能した後には、ゴールである清水の駅を目指します。

三保松原のある半島を抜け、工業地帯を走る太平洋自転車道で東に向かってもいいのですが、オススメは水上バスを利用して清水駅近くの江尻港まで船輪行してしまうこと。船輪行といってもこのルートは特に輪行袋に入れる必要はない上に、自転車は無料で乗せてくれるというありがたい存在。利用しない手はありません。

平日なら1時間に1本、週末なら1時間に2本は運行しているので、ルートに組み込みやすいですね。あくまでも水上バスなのですが、航行中に風景や駿河湾に関してのガイドがあったりして、旅の気分が盛り上がりますよ!

乗り場となっている三保桟橋は小さな桟橋があるだけなので、本当に水上バスが来てくれるか不安になってしまいそうですが、時間になるとちゃんと可愛らしい船がやって来ます。

あとは船員さんの指示に従って、乗船するだけです。
暑さも厳しくなって来ましたが、やっぱり海の上は爽快! 

なかなか暑くてブロンプトンに乗る気にならない人も多いかもしれません。上手に涼しさを感じられる場所をルートに組み込むのも夏のサイクリングのポイントです。暑さに負けずに、ブロンプトンとの時間を楽しんでくださいね!

その4では、水上バスを降りて、魚市場へ。新鮮な海の幸に舌鼓。リゾート地のような海岸線を通り清水駅へ向かいます。


2018年07月23日 / Cycling /

   運営:ミズタニ自転車株式会社