with BROMPTON

夏の爽やか高原サイクリング with BROMPTON その3

ゴールの小淵沢駅を目指します。
標高1420mにある県立まきば公園から、標高880mにある小淵沢駅まではほとんど下りの楽チンコース。スピードの出しすぎに注意してくださいね!

県道11号線八ヶ岳高原ラインから県道28号線を南下し、甲斐大泉駅から線路沿いの道で西に向かいます。途中には平山郁夫シルクロード美術館やカフェなどもあるので観光も楽しめます。

甲斐小泉駅のすぐ西には、武田信玄公が築いたという伝説が残る”三分一湧水”も見ることができます。この三分一湧水は戦国時代に水争いをしていた三つの村に公平に湧水を分配するように作られた堰のこと。真ん中に三角石柱が設置されるなど、先人たちの知恵が今も残されています。

さらに線路沿いを西に進むと、牧場がいくつも続くエリアに。こちらは野辺山とは違って、馬の牧場。
雰囲気あるウエスタン風の建物が人目を引きますね!
観光乗馬も体験できるので、時間に余裕があれば楽しんでみたいですね。

そのまま道なりに進むと、最後の立ち寄りスポット”道の駅こぶちざわ”に到着。

この道の駅も地元の特産品がたくさん用意されていて人気のスポット。
さらに敷地内には無料の足湯が用意されているのです!わずかに黄色く濁ったお湯は、さっぱりとした湯上がり感!
ちょっとの時間でもしっかりリラックスできるのでオススメですよ。

道の駅からはJR小淵沢駅まで一気に下ります。この辺りから目の前に広がるのは南アルプス!
ゆるゆるっと下って、昨年新築されたばかりのJR小淵沢駅まではあっという間。

最後に改札横の立ち食い蕎麦屋に立ち寄ります。この辺りの名物・山賊揚げと呼ばれる鳥の唐揚げをのせた”山賊そば”を堪能して、今回の高原サイクリングは無事に終了。
爽やかな高原とご当地グルメを楽しみ尽くすサイクリングになりました。

夏でも相棒のブロンプトンと一緒に楽しむためには、今回のように爽快にサイクリングできるスポットがおすすめ。くれぐれも無理をしないで楽しくブロンプトンと過ごしてくださいね。


2018年08月21日 / Cycling /

   運営:ミズタニ自転車株式会社