with BROMPTON

仙台ポタリング with BROMPTON その2

西公園の南端からルートを西にとり、仙台城址を目指します。

広瀬川を渡って右手に、仙台国際センターがあります。その北側には地下鉄東西線の国際センター駅もちょっとした立ち寄りポイント。駅前には仙台出身のアスリート、フィギアスケートの荒川静香選手と羽生結弦選手のオリンピック記念プレートが設置されています。

そして駅構内のロビーには、9月末(予定)までブロンプトンが展示されていて、ブロンプトンの歴史や電車×ブロンプトンの相性の良さがアピールされています。ブロンプトン好きにはたまりません。

国際センター駅2Fにある”カフェモーツァルトメトロ”で小休止。
2Fまでは、ブロンプトンと一緒にエレベーターで上がることが出来きます。駐輪スペースもカフェの入口横にあるので安心です。

このカフェのオススメは、ずんだ餅セット。小ぶりなお餅に枝豆でできたずんだ餡がたっぷり。普通のあんこに比べてあっさりしているので、ペロリといけちゃいますよ。

国際センター駅の南側の勾配を上がっていくと、青葉城の名称で有名な仙台城址に行き着きます。距離にしてわずか数百メートルですが、この勾配はかなりのもの。場所によっては15%の勾配表記の標識もあります。無理せず、ブロンプトンを押して上がるのがベストです。

城址公園の敷地内には立派な護国神社が建っています。さらにTVなどでも有名な伊達政宗公の騎馬像が凛々しくそびえています。
そして、仙台の街並みが一望できる絶景が何よりのご褒美です!
天気がよければ海も見えるそうです。坂を上ってきた甲斐がありますね。

絶景を堪能した後は、政宗公の霊廟がある瑞鳳殿に向かいます。こちらは立派な社殿が現存しています。入り口にブロンプトンを駐輪して、お参りするのもいいですね。

観光地をぐるりと回った後は、お待ちかねのランチタイム。もちろん仙台グルメの花形・牛タンです!!

今回は仙台牛タン発祥の店とも言われる”味 太助”さんに伺いました。他にもたくさんの牛タン屋さんがあるので悩みましたが、仙台以外に支店がないということで、こちらのお店に決めました。

牛タン定食を注文すると、目の前で一枚ずつ炭火で焼いてくれます。その香ばしい香りにうっとり。厚めの大きな牛タンが3枚と、お漬物、テールスープ、麦ご飯のオーソドックスなスタイルです。旨味の詰まった牛タンの美味しさももちろん、しみじみとした味わいのテールスープがいくらでも食べられそうな美味しさです。

小回りのきくブロンプトンと一緒だから、行ったり来たりぐるぐる回りながら、地元の名所と美味しいものを堪能しましょう!

次回、その3では、仙台駅の西側に点在する巨大アーケード街で仙台ならではの食を堪能します!


2019年06月14日 / Cycling /

   運営:ミズタニ自転車株式会社