with BROMPTON

メンテナンス[1]:お手入れの準備

ブロンプトンは頑丈に出来ていますが、みなさんのお手入れ次第でよりなが~く元気でいてくれます。
一度しっかりとお掃除してあげてはいかがでしょうか?

今回は東京の代官山にあるブロンプトンジャンクション・東京店の塩原さんにお手入れのコツを伺ってきました。

まずは相棒のブロンプトンをよーく観察してあげてください。
どの部分が汚れていますか?

まず一番汚れるのはチェーン部分。ここはいつも動いている部分なので、当然ですね。

チェーンが汚れていると、ペダリングが重くなる原因にもなりますし、パンツの裾や、折りたたみ時に手が汚れることもあるので、できればいつもきれいにしておきたいところですね。

あとはやはりフレームまわり。さらに折りたたみのヒンジ部分も汚れが溜まりやすい部分です。

ここの汚れを放置しておくと、なめらかにヒンジを回すことができなくなることも!

雨の日などに乗ったりすると、ブレーキシューからの汚れが多く出ます。ブレーキシューの近辺や、ホイールのリム部分に汚れが広がりやすいです。

これらをきれいにするためにオススメなのが、WAKO’S(ワコーズ)のメンテナンス製品。

チェーンクリーナーとフォーミングマルチクリーナー、チェーンルブ、メンテルーブの4種類。あとは細部の汚れをかき出すためのブラシやウエスを用意しましょう。

手荒れや怪我防止のためにゴム手袋もあればさらに安心ですね。

年末や季節の変わり目などの区切りのいいタイミングに、しっかりお手入れしてみてはいかがでしょうか?


2016年12月19日 / Other /

   運営:ミズタニ自転車株式会社