BROMPTON WORLD CHAMPIONSHIP JAPAN 2018/ブロンプトン チャンピオンシップ ジャパン 2018

【動画】「BROMPTON WORLD CHAMPIONSHIP JAPAN2018」

※写真はクリックで拡大します。

  

13:00 BWC JAPAN開会式
ミズタニ自転車株式会社代表取締役社長中根誠より開会の挨拶。
特別ゲストのデイビットミラー氏、英国大使館からお越しいただいたファースト セクレタリー エナジー アンド インフラ ストラクチャーのトム ラフ氏からも開催のご挨拶。

レース走行時の注意点も説明し、いよいよ!
と、その前に開会式後に参加者の皆様と集合写真を。

ブロンプトンは折りたたんでコース中央に、参加者はコース端に並んだ位置から一斉スタート(ル・マン式)です。1周2.4kmのコースを5周走り、タイムを競います。
スタート前、300台以上のブロンプトンが並ぶ姿は圧巻でした!

14:30 BWC JAPAN スタート
皆様一斉にブロンプトンを広げ走っていきます。興奮と緊張で慌ててしまい出遅れてしまう方も。
スタートラインを通ってからタイム計測が始まります。

トップ集団は40km以上もスピードが出る程!
今年トップ争いを制するのは誰になるのか。
毎年目の離せない激しいレース展開です。

一方、お洒落なドレスコードでレースを楽しむ方も沢山いらっしゃいました。
速く走るのではなく、完走を目指して走るのもBWC JAPANならでは。
皆様の楽しむ笑顔が素敵でした。

レース終了後には表彰式が行われ、各入賞者には賞品が授与されました。

BWC JAPAN 2018
男性の優勝者は2位と1.134秒秒差。タイムは「19:24.191」。
なんと、上位4名が昨年1位のタイムを上回る結果!

女性の優勝者は、2位と1.508秒の僅差での勝利。一昨年、昨年2位という結果で悔しい思いをしてきました。念願の初優勝です!
上位5名が昨年のタイムを上回るハイレベルな結果でした。

男女それぞれの優勝者には7/28英国開催のBrompton World Championship Final(BWC Final)への招待、英国への往復航空券が贈呈されました。日本代表として、本戦での活躍を期待しています!

2時間エンデューロ(チーム)
優勝チームは45周を走り切り、2位と2周差をつけての優勝でした。

2時間エンデューロ(ソロ)
男性トップは45周、2位との周回数は同じでしたが、0.03秒と言う僅差で優勝でした。女性トップは27周を走り切りました。

シニア賞
男性シニア1位は、「BWC JAPAN」でも3位、フォールディングコンテストも優勝でした!
女性シニア1位は、「BWC JAPAN」でも5位でゴール。
お二人とも素晴らしい実力の持ち主です。

ディーラー賞
ブロンプトンディーラー19店舗の中で「サイクルショップヨシダ」のスタッフが優勝に輝きました!

ベストドレッサー賞
今年はデイビットミラー氏によって選考されました。
お二人とも英国を意識されたコーディネートがとても素敵でした。

飛び賞
50位、100位、150位、200位の方に賞品授与されました。

特別賞「デイビットミラー賞」
今年は開催日の3月25日にちなんで、25位の方にCHPT3が授与されました。
なんと昨年のBWC JAPAN 2017でも特別賞をもらった強運の持ち主!

時間の都合上今年のパレードランは中止となってしまいました。

今年は協賛メーカーさんにもブースを出展していただきました。

CATEYE
ライトやサイクロコンピュータでお馴染み、ブロンプトン用のフロントライト(Volt300)やリアライト(Rapidmini)も同社製。当日はライト、サイクロコンピュータなどの商品を展示。新商品の日焼け止めに注目が集まっていました。

OSTRICH
自転車用バッグ、輪行袋、アクセサリを取り扱うブランド。ブロンプトン専用輪行袋「ぷち輪」を手がけています。アクティビティの景品でもらえるぷち輪外袋も特別に作っていただきました。

Crops
愛車を守る鍵の展示。警報アラーム付きの鍵は一際注目を浴びていました。

muc-off
自転車のクリーニンググッズの展示。
10:30〜/11:30〜の計2回、ブースにてメンテナンスワークショップを開催していただきました。

ご来場いただいた皆様、ご協力いただいたメーカー様、ディーラー様、ありがとうございました!!