GUERCIOTTI

HISTORY

Bikes, our passion since 1964

1964年、シクロクロス選手であったイタロ・グエルチョッティが弟パオロと共にミラノ・ペトレッラで約20㎡の小さいサイクルショップを起業。1961年より自転車競技を始めたパオロはイタロの影響を多大に受け、彼自身もシクロクロスに専念。その後、切磋琢磨の功を積んだパオロは1979年イタリア・サッコロンゴデ開催されたシクロクロス世界選手権に出場するまでに成長します。

パオロはシクロクロス選手として多忙な生活を送る一方、ビジネスも軌道に乗せ、ミラノ・ブエノスアイレス通りに広い新店舗を開業し、その後、ミラノ・タマーニョにも新店舗を出店。グエルチョッティ兄弟の大きな夢は広がりを見せていきます。1975年「GUERCIOTTI」にとって大きな転換期を迎えました。選手としてのパオロの活躍もあり、自転車の設計・生産にまでビジネスを広げ、アメリカを初めとする世界各国に「GUERCIOTTI」を輸出するまでになります。同時期にアメリカのチーム、テンスピード・ドライブ・グエルチョッティのサポートを開始。「GUERCIOTTI」ブランドは世界的に知名度を上げ、アメリカの著名自転車雑誌「Bicycling(バイシクリング)」等に取り上げられました。

1976年、ティレーノ・アドリアンティコ初代優勝者であるディノ・ザンデグが指揮を執るチームGBCにサポートを開始。パオロもこのチームで選手として活躍。
   

1976 年以降、フィオレラ・シトロエン、マニフレックス・ファム・チーネ、サンティーニ・セライタリア、アルファ・ラム、ドロメダリオ・シデルメックなどのプロチームをサポート。そして1979年にはジロ・デ・イタリアでステージ5勝の快挙を達成。ジャンバティスタ・バロンケッリ、ジョンヴァニ・バッタリンといった多くの名選手が「GUERCIOTTI」を使用し活躍しました。1980年代に入ると、アメリカ市場でリーダー的存在のブランドに成長します。プロチーム協力のもと、「GUERCIOTTI」のテクノロジーやデザインは進化し、海外のサイクルショーで注目を浴び、世界的に認められるブランドとなります。

1977年パオロは自身のシクロクロスチームGSグエルチョッティを立ち上げ、チームは「泥の多国籍チーム」「シクロクロス版マペイ」などの異名を持ち、イタリアを初め、世界におけるシクロクロスのランドマーク的存在へのぼり詰めます。また、シクロクロスで著名な2人の選手、ローラン・リボトン、ヴィト・ディターノの活躍は素晴らしくシクロクロスの盛んなベルギーにおいても「GUERCIOTTI」は浸透していきました。

1983年、パオロは「グエルチョッティ・エクスポートSRL」を設立し、チーム運営と卸売ビジネスを展開。1997年、ダニエール・ポントーニがシクロクロス世界選手権で優勝。「GUERCIOTTI」として10回目の記念となる世界タイトルを獲得。また、2000年はミラノ・ペトレッキに新社屋を設立し、「GUERCIOTTI」の原点とも言えるチーム運営に心血を注ぎ続けることになります。プロチームを初め、有望なジュニア・女子・アンダー23のサポートを開始。同年、パオロの息子、アレッサンドロ(現社長)も経営に参画。

2004年にはプロロードチームLPRをサポート。パヴェル・トンコフ、ディミトリ・コンシェフ、ダニーロ・ナポリターノなど有名選手が所属し、ジロ・デ・イタリア、パリ~ルーベ、ミラノ~サンレモ、ツール・ド・フランスなどで大車輪の活躍を見せます。2007年からはセッラメンティPVCをサポート。アレッサンドロ・ベルトリーニ、ミケーレ・スカルポーニ、ダビデ・レべリン、ジルベルト・シモーニなどが数々の勝利を挙げました。

            

2011年に「NO LIMIT CARBON ENGINEERING」と称したプロジェクトを立ち上げ、カーボン技術者たちがもてる叡智を結集して作り上げた生粋の「M A D EIN ITALY」フレームを完成させます。同年、チーム・ミケ・グエルチョッティのセカンドスポンサーを獲得。2013年からはUCIプロコンチネンタルチーム、CCC・スプランディをサポート。

2014年、創業50周年を迎え、イクリプス64-14をリリース。(64は創業の年、14は2014年の意味)

2015年に「GUERCIOTTI」はチームCCC・スプランディと共にジロ・デ・イタリアに出場。第7ステージと第11ステージで8位。また、ボルタ・ア・カタルーニャの第1ステージでマチェイ・パテルスキが優勝。2016年、自身のチームであるセライタリア・グエルチョッティ・シクロクロスチームのジョエーレ・ベルトリーニ(男子エリート)とアリスマリア・アルツッフィ(女子U23)がイタリアナショナルチャンピオンを獲得。

2 016 年、元シクロクロス世界チャンピオンのバルト・ウェレンスが指揮を執るベルギーのシクロクロス専門チーム、ステイラーツ・ヴェローナ・シクロクロスチームにサポートを開始。ステイラーツ・ヴェローナ・シクロクロスチームのマルセル・マイセン(男子エリート)がドイツナショナルチャンピオン、セライタリア・グエルチョッティ・シクロクロスチームのジョエーレ・ベルトリーニ(男子エリート)とヤコブ・ドリゴニ(男子U23)がイタリアナショナルチャンピオンを獲得。グエルチョッティとして3つのナショナルチャンピオンを獲得しました。

2017年、CCC・スプランディ・ポルコヴィツェと共に第100回記念となるジロ・デ・イタリアに出場。全21ステージ中、11ステージで逃げに入る活躍を見せ、第17ステージでは7位、第18ステージ5位、第21ステージ9位、そしてヤン・ヒルトが個人総合時間12位と結果を出しました。