Aeroe Bike Pack でキャンプツーリング × 輪行旅

東海地方では過去最も長く続いた梅雨が明けた週末、Aeroe(エロエ)のアイテムを使って約100km先のキャンプ場を目的地に、キャンプツーリングにチャレンジしてきました。

 

Aeroeは2014年にニュージーランドで創業したバイク用バッグブランドで、その特徴は何といっても着脱の容易さにあります。Quick Mount Release Systemは、バッグに設けられた凹部とマウントに設けられた凸部を組み合わせて“twist & click”の2アクションで着脱が可能なAeroe独自のシステムです。必要に応じて取付角度を変更する事が可能で、取り付ける場所や内容に合わせて調整もできます。

 

バイクパッキングでのツーリングは過去にも経験がありますが、バッグ類の装着に苦戦したり(特にフロント)、走行中に重みと振動で緩んで垂れ下がってタイヤと擦れたり、また現地に到着してからのバッグ類の着脱が大変だったりと、慣れるまでは思いのほか苦労するものです。

 

Aeroeのバッグ類は独自のマウントやループを通してストラップ固定されるため、走行中も重みや振動によるズレや緩みもなく、安心して走行に集中できます。Bike Packは大きな一気室ですが、内側には荷物を固定するためのストラップが付いているので、Pack内での荷物暴れを抑えられます。

 

Spider Rear Rackの片側にUni-Mount +?Bike Packを、もう一方にはSpider B Uni-mount を追加してパッキングしました。

 

予想以上の暑さに苦しんだ翌朝はのんびりと過ごし、美しい自然と美味しい御蕎麦、五平餅を堪能。そして麓の温泉で汗を流したのち、無理せず輪行で帰路につきました。

 

輪行と言えばオーストリッチの輪行袋。ロードバイクの定番モデルL-100や軽量モデルのSL-100に比べると重たいですが、生地もほどほどに厚く丈夫なので、私はE-10というモデルが好きで長く愛用しています。29er MTBにも対応したE-11というモデルもありますので、次はMTBでの輪行旅を計画中です。

 

全てを積み込んでのバイクパッキングは重く大変なイメージですが、輪行と組み合わせる事で体力的にも無理する事なく、休日の楽しみ方が広がりますよ。心配事が多い世の中ですが、いよいよ夏本番!熱中症に注意して、思い思いのサイクリングを楽しみましょう♪

今回使用したのは下記の5アイテムでした。

・Spider Rear Rack

・Heavy Duty Dry Bag 12L

・Spider B Uni-mount(Spider Rear RackやSeatpost Mountに追加する事が可能な、荷物をストラップで固定するタイプのクレードル)

・Uni-Mount(Spider Rear RackやSeatpost Mountに取り付けて、Bike Pack を使用するための追加マウント)

・Bike Pack 9L

 

Aeroeのブランドページはこちら

AEROE | ミズタニ自転車株式会社 (mizutanibike.co.jp)

 

最新情報はミズタニ自転車Facebook、Instagramをご覧下さい

--------------------

■MIZUATNI BICYCLE FACEBOOK
ミズタニ自転車株式会社 | Facebook

■MIZUATNI BICYCLE INSTAGRAM
ミズタニ自転車株式会社(@mizutanibicycle) • Instagram写真と動画

ブランド