Defeetの歴史

創業当時のオリジナルロゴを
デザインした復刻モデル

パフォーマンス向上のための裏返し

DeFeetは1992年にアメリカ合衆国・ノースカロライナ州で誕生したスポーツソックス・メーカーです。 当時のサイクリングソックスは白色で伸縮性に乏しく、傷みやすい表地とナイロンの裏地で編まれた“使い捨て”のものでした。そこで、創業者のショーン・クーパーは、より良いソックスの開発に着手しました。 靴下の外側には耐久性と強度を高めるためにナイロンを、足裏には快適性を高めるために柔らかい繊維を、そして甲の部分には肌から湿気を取り除くために画期的なメッシュ編みを用いたのです。それは従来のサイクリングソックスの構造を裏返しにした全く新しいコンセプトを持っており、耐久性、強度、快適性を兼ね備えています。こうして編み出されたAireator(AI)モデルから、DeFeetの歴史は始まりました。


私たちのソックスをあなただけのものに

その優れた耐久性や機能性に、プロのサイクリストも注目しました。
1994年、グレッグ・レモン(※)は春のクラシックレースの泥汚れに耐えられる5インチカフの黒色のソックスをリクエストし、DeFeetはこのオーダーに対し、カフに彼のロゴを入れて応えました。さらに所属チームのためにライダーの名前を編み込んだカスタソックスを製作しました。その後プロサイクリストへ提供するソックスにロゴや名前を編み込むようになると瞬く間に注目を集め、DeFeetのAIソックスはサイクリングソックスのゴールドスタンダードとなったのです。

※アメリカ人初のツール・ド・フランス個人総合優勝など、世界的に活躍したアメリカ合衆国の元プロロードレース選手。


ナチュラル&リサイクル、Made in the USA

DeFeetは創業当初から、アメリカ国内での持続可能な生産を維持することを決意していました。ニットビジネスの大半が海外に生産拠点を移したとき、ショーン・クーパーはアウトソーシングに背を向け、地元のサプライチェーンを維持することに力を注ぎました。
私たちのメリノウールはロッキー山脈の恵まれた環境で育てられた羊から生まれ、サウスカロライナ州で洗われてカーディングされ、北アメリカで紡がれ、そしてノースカロライナ州の小さなソックス工場で編まれています。また、私たちのエコブレンド糸はノースカロライナ州東部から来ており、Repreve®(※)糸はリサイクルされたペットボトルから製造されています。

※Sorbtek・ Repreve®は、ユニファイ インコーポレーテッド社の登録商標です。


繊維と未来

DeFeetは、従来のソックス裏返しにした革新的な構造とカスタムソックスから始まり、独自のウールとリサイクルポリブレンドを使用した革新的な繊維へと発展してきました。2022年、DeFeetは30周年を迎えます。私たちは自分たちの歩みを振り返り、そして、その先の未来のために自分たちに何ができるのか、自らに問いかけています。