CONTINENTAL BICYCLE TYRES|コンチネンタルバイシクルタイヤ CONTINENTAL BICYCLE TYRES|コンチネンタルバイシクルタイヤ
CONTINENTAL BICYCLE TYRES|コンチネンタルバイシクルタイヤ CONTINENTAL BICYCLE TYRES|コンチネンタルバイシクルタイヤ

CONTINENTAL(コンチネンタル)

1871年ドイツ・ハノーバーで創業し、パターントレッドを搭載した世界初の自動車用タイヤを開発するなど、150年間にわたりタイヤに情熱を注いできました。欧州で販売される新車のおよそ3台に1台が同社のタイヤを装着しており、現在では世界中であらゆるモビリティに向けた安全で効率的なソリューションを提供しています。
ブランドロゴは、凍結路面で馬が滑らないようにと発明された蹄鉄緩衝材をコンチネンタル社が製造・販売した歴史と、ハノーバーの伝統的なシンボルであるサラブレット競走馬に由来しています。
自転車用タイヤの開発と生産にも100年以上の経験を持ち、現在でもドイツ国内でタイヤを生産する唯一の自転車タイヤメーカーです。コルバッハの技術開発センターでは、「Black Chiliコンパウンド」や「Vectran™ブレーカー」などの新しい革新的技術を常に開発しており、ハイエンドチューブラータイヤやMTBタイヤのための「ProTection」と「RaceSport」テクノロジーは繊細な製造技術を要するため、ドイツ工場における手作りでしか製造できません。
2019年からツール・ド・フランスのメインパートナー5社にも名を連ね、その高い性能はサポートしている複数のワールドツアーチームによって毎年証明され続けています。

◤ブラックチリ・コンパウンド
タイヤ用のラバーにはシリカ、カーボン粒子といった特性の異なる素材が複雑に配合されています。タイヤメーカーによって配合される素材の種類やその割合が大きく異なっており、同時に異なる素材同士が剥離しないよう結合させる技術にも大きな差があります。
ブラックチリ・コンパウンドに用いられるカーボン粒子の大きさは、一般的なタイヤ用ラバーに用いられる物と比べおよそ10分の1という通称ナノ・カーボン粒子と呼ばれるものを使用しています。このナノ・カーボン粒子を用いることで、ラバーが本来持っているしなやかさを最大限にまで引き出すことに成功しました。

ブラックチリ・コンパウンドは、タイヤが路面に押し付けられた際の圧力で瞬時に触れたモノの形状に合わせて変形することで、高いグリップ性能を生み出します。また瞬時に元の形状に戻り次に来る路面の変化に柔軟に対応することが可能となります。この類まれな特性を持ったラバーの恩恵により、路面との間に発生する摩擦抵抗が大幅に軽減され、ラバーは減りにくいのに高いグリップ性能を持ったタイヤが生まれたのです。
この独自のコンパウンド技術は非常に繊細であるためドイツのコルバッハ工場でのみ生産されており、ロード / MTBの各ハイパフォーマンス・タイヤに投入しています。



◤レーザーグリップ
トレッド面にレーザーを照射してタイヤの表面に細かな溝を刻み再度グリップを強化。サイドのみに配することで路面抵抗を抑え、あらゆる状況下で路面と一体化して、安定したコーナーリング性能を発揮します。




◤アクティブコンフォートテクノロジー
ケーシングの製法を見直すことでよりしなやかな乗り心地と軽さを実現。 走行時の振動吸収性に優れライディング時の疲労を軽減する、サイクリングにおける革新的なアプローチです。




◤ピュアグリップコンパウンド
活性化シリカコンパウンドをベースに新たなコンパウンドとして開発されました。
優れたグリップとクロスカントリー性能を備え、ブラックチリ・コンパウンドに次いで高性能なコンパウンドに位置付けられています。




◤ベクトランブレイカー
ベクトラン™は液晶ポリマーにも使用されているハイテク化学繊維で、防弾ベストなどに用いられるケブラー™よりも更に硬く、鉄のおよそ5倍という高い引っ張り強度を持っています。ナイロンの耐パンクブレイカーと比較しても軽量で柔軟性がり、引き裂き抵抗に優れたこのテキスタイルを、コンチネンタルでは耐パンクシートとしてロード用ハイパフォーマンス・タイヤに使用しています。



◤ポリエックスブレイカー
自動車で培った技術を自転車用タイヤにも応用したもので、非常に耐久性の高いポリエステル繊維が十文字にしっかりと織り込まれています。こうすることで密度が非常に高くなり、ブレーカーは異物に対する耐性が向上するだけでなく、パンクに対する耐性も特に高くなります。
コンチネンタルでは耐パンクシートとしてロード用パフォーマンス・タイヤに使用しています。



◤デュラスキン
スレに強いポリアミド繊維を網状にしたシートをカーカスの1番外側に接合することで、不整地などでタイヤが不意に受けるダメージを軽減します。
サイドウォールプロテクションを装備したこのタイヤは、ブラウンのサイドウォールが特徴的です。



◤タイヤポジショニングシステム
モーターサイクルのノウハウを自転車レース用にアレンジし、前輪と後輪に求められる特有の要求に対応させるべく、フロントタイヤ、リアタイヤにそれぞれ異なるサイズ、コンパウンド硬度、トレッド断面形状を採用。 フロントタイヤには正面から受ける空気抵抗を最小限に抑えつつ、意のままにバイクをコントロールすることのできるトレッド形状を持つ細身のサイズを採用。より負荷のかかるリアタイヤには、路面からの衝撃を効果的に吸収し、優れたトラクションを得るためにわずかに太いサイズを採用しています。




◤セーフティーシステム
丈夫なナイロン繊維を編み込んだテキスタイルを耐パンクシートとして使用しています。コンチネンタルではその強度をより高めるためにポリアミド繊維でシートを補強しています。トレッドとケーシングの間の広範囲に装備されているため、タイヤ全体の剛性を高める事でタイヤの寿命伸長にも効果が期待できます。



◤シールドウォールシステム
細かく織られたクロスファブリックで構成される耐パンクレイヤーにより、高い耐パンク性能と低い転がり抵抗、そして軽量化も実現しました。サイドウォールをダメージから守るハニカムデザインが特徴的で、チューブレス・レディシステムにも対応しています。




◤チューブレス・レディ
MTBタイヤ向けに特別に開発されました。
ビードを完全に覆うパンク防止層により、カーカスは頑丈で、異物による損傷や侵入に対して高い耐性を持ちます。最大の効果を得るために、プロテクションテクノロジーとブラックチリ・コンパウンドを組み合わせています。




◤プロテクションテクノロジー
高密度ナイロンケーシングを重ねたプロテクションテクノロジーにより、外的要因によるタイヤへのダメージを抑えます。加えてブラックチリ・コンパウンドによる滑らかな走行性と優れたグリップ力を付与した完璧なタイヤが誕生。タイヤ全体がより高い弾力性を持ち、過酷なトレイルでも路面への追従性が高く、非常に優れた減衰特性を兼ね備えています。
画期的なチューブレス・レディ対応のベースレイヤー&ビードを採用する事で、シーラントの使用量を最小限に抑えることを可能にしました。



◤プロテクションテクノロジーアペックス
プロテクションテクノロジーに、耐衝撃性が高いAPEXレイヤーを追加。硬質ウレタンをビード上部に充填することで低圧時でも強い衝撃に耐え、リム打ちによるダメージを軽減してパンクのトラブルを回避します。





◤ブラックチリ・コンパウンド
タイヤ用のラバーにはシリカ、カーボン粒子といった特性の異なる素材が複雑に配合されています。タイヤメーカーによって配合される素材の種類やその割合が大きく異なっており、同時に異なる素材同士が剥離しないよう結合させる技術にも大きな差があります。
ブラックチリ・コンパウンドに用いられるカーボン粒子の大きさは、一般的なタイヤ用ラバーに用いられる物と比べおよそ10分の1という通称ナノ・カーボン粒子と呼ばれるものを使用しています。このナノ・カーボン粒子を用いることで、ラバーが本来持っているしなやかさを最大限にまで引き出すことに成功しました。

ブラックチリ・コンパウンドは、タイヤが路面に押し付けられた際の圧力で瞬時に触れたモノの形状に合わせて変形することで、高いグリップ性能を生み出します。また瞬時に元の形状に戻り次に来る路面の変化に柔軟に対応することが可能となります。この類まれな特性を持ったラバーの恩恵により、路面との間に発生する摩擦抵抗が大幅に軽減され、ラバーは減りにくいのに高いグリップ性能を持ったタイヤが生まれたのです。
この独自のコンパウンド技術は非常に繊細であるためドイツのコルバッハ工場でのみ生産されており、ロード / MTBの各ハイパフォーマンス・タイヤに投入しています。





◤レーザーグリップ
トレッド面にレーザーを照射してタイヤの表面に細かな溝を刻み再度グリップを強化。サイドのみに配することで路面抵抗を抑え、あらゆる状況下で路面と一体化して、安定したコーナーリング性能を発揮します。






◤アクティブコンフォートテクノロジー
ケーシングの製法を見直すことでよりしなやかな乗り心地と軽さを実現。 走行時の振動吸収性に優れライディング時の疲労を軽減する、サイクリングにおける革新的なアプローチです。






◤ピュアグリップコンパウンド
活性化シリカコンパウンドをベースに新たなコンパウンドとして開発されました。
優れたグリップとクロスカントリー性能を備え、ブラックチリ・コンパウンドに次いで高性能なコンパウンドに位置付けられています。






◤ベクトランブレイカー
ベクトラン™は液晶ポリマーにも使用されているハイテク化学繊維で、防弾ベストなどに用いられるケブラー™よりも更に硬く、鉄のおよそ5倍という高い引っ張り強度を持っています。ナイロンの耐パンクブレイカーと比較しても軽量で柔軟性がり、引き裂き抵抗に優れたこのテキスタイルを、コンチネンタルでは耐パンクシートとしてロード用ハイパフォーマンス・タイヤに使用しています。







◤ポリエックスブレイカー
自動車で培った技術を自転車用タイヤにも応用したもので、非常に耐久性の高いポリエステル繊維が十文字にしっかりと織り込まれています。こうすることで密度が非常に高くなり、ブレーカーは異物に対する耐性が向上するだけでなく、パンクに対する耐性も特に高くなります。
コンチネンタルでは耐パンクシートとしてロード用パフォーマンス・タイヤに使用しています。







◤デュラスキン
スレに強いポリアミド繊維を網状にしたシートをカーカスの1番外側に接合することで、不整地などでタイヤが不意に受けるダメージを軽減します。
サイドウォールプロテクションを装備したこのタイヤは、ブラウンのサイドウォールが特徴的です。







◤タイヤポジショニングシステム
モーターサイクルのノウハウを自転車レース用にアレンジし、前輪と後輪に求められる特有の要求に対応させるべく、フロントタイヤ、リアタイヤにそれぞれ異なるサイズ、コンパウンド硬度、トレッド断面形状を採用。 フロントタイヤには正面から受ける空気抵抗を最小限に抑えつつ、意のままにバイクをコントロールすることのできるトレッド形状を持つ細身のサイズを採用。より負荷のかかるリアタイヤには、路面からの衝撃を効果的に吸収し、優れたトラクションを得るためにわずかに太いサイズを採用しています。






◤セーフティーシステム
丈夫なナイロン繊維を編み込んだテキスタイルを耐パンクシートとして使用しています。コンチネンタルではその強度をより高めるためにポリアミド繊維でシートを補強しています。トレッドとケーシングの間の広範囲に装備されているため、タイヤ全体の剛性を高める事でタイヤの寿命伸長にも効果が期待できます。







◤シールドウォールシステム
細かく織られたクロスファブリックで構成される耐パンクレイヤーにより、高い耐パンク性能と低い転がり抵抗、そして軽量化も実現しました。サイドウォールをダメージから守るハニカムデザインが特徴的で、チューブレス・レディシステムにも対応しています。






◤チューブレス・レディ
MTBタイヤ向けに特別に開発されました。
ビードを完全に覆うパンク防止層により、カーカスは頑丈で、異物による損傷や侵入に対して高い耐性を持ちます。最大の効果を得るために、プロテクションテクノロジーとブラックチリ・コンパウンドを組み合わせています。






◤プロテクションテクノロジー
高密度ナイロンケーシングを重ねたプロテクションテクノロジーにより、外的要因によるタイヤへのダメージを抑えます。加えてブラックチリ・コンパウンドによる滑らかな走行性と優れたグリップ力を付与した完璧なタイヤが誕生。タイヤ全体がより高い弾力性を持ち、過酷なトレイルでも路面への追従性が高く、非常に優れた減衰特性を兼ね備えています。
画期的なチューブレス・レディ対応のベースレイヤー&ビードを採用する事で、シーラントの使用量を最小限に抑えることを可能にしました。






◤プロテクションテクノロジーアペックス
プロテクションテクノロジーに、耐衝撃性が高いAPEXレイヤーを追加。硬質ウレタンをビード上部に充填することで低圧時でも強い衝撃に耐え、リム打ちによるダメージを軽減してパンクのトラブルを回避します。