1.ECLIPSE64-14

1.ECLIPSE64-14

【エアロダイナミックと振動吸収性を兼ね備えたフラッグシップモデル】

「イクリプス64-14」は1964年に創業し、2014年に創業50周年を迎えたグエルチョッティ社が、その歴史に新たな足跡を残すべく長年に渡って培ってきた経験とテクノロジーのすべてをつぎ込んで発表したフラッグシップモデルです。UCIプロコンチネンタルチームであるCCC・スプランディ・ポルコヴィツェの選手からフィードバックや市場のニーズを取り入れて開発しました。前三角をモノコックで成型して、後三角とつなぎ合わせて成型することが多い一般的なカーボンフレームに対し、「イクリプス64-14」はフレーム全体をモノコックで成型する「オートクレーブ製法」を採用。カーボン素材の良さを最大限に引き出すことのできるこの製法は、大きな設備とコストがかかることが難点となっています。しかし、イタリアハンドメイドモーターサイクルメーカーである「ビモータ社」の協力を得てこの問題を解決。強度や剛性、振動吸収性といった性能面はもちろんデザイン的にも美しいフレームを完成させました。

■ヘッドチューブからトップチューブにかけて施されたリブによって横方向の剛性を強化。ダウンチューブはヘッドとBB側、トップチューブはヘッド側の断面積を大きく設計することで、ヘッド部とBB部のねじれ剛性を高めていま
す。インテグレーテッド・フォーク・システム(IFS)はヘッドチューブ、ダウンチューブ、フォークの隙間を減らすことで空気抵抗軽減に繋がっています。

■100%カーボンモノコック構造の利点を活かした複雑なシートチューブ集合部の造形。ブレーキ取付部付近から角度変化をさせた細身のシートステーや、Fメカ台座付近で曲がったシートチューブが優れた衝撃吸収性に貢献。また、独自構造のシートクランプはフレーム内部に入る長いスリーブによって面接触でシートポストを支えるロッキング・シート・システム(LSS)により確実に固定することができ、空気抵抗の軽減にも繋がっています。

■リアエンドに至るまでフルカーボン製で作られ、軽量化に繋がっています。クイックレバーやハブと接触する面にはアルミプレートを仕込み、耐久性を向上させる加工が施されています。

■BB86規格の採用により拡幅されたBBシェルや、断面積の大きいダウンチューブとチェーンステーと合わせて、ペダリング効率を高めています。ダイレクト感と合わせて踏み込んだ際、BB付近のウィップの戻るタイミングが早
く加速に繋がっています。
カラー
サイズ
フレーム重量
体重制限
価格(税別)
CCC Sprandi 2017
XS / S / M / L
970g
100㎏
¥540,000
■フレーム:30HMカーボン / 24HMカーボン(2種類)
■フォーク:カーボンモノコック
■ヘッド規格:1-1/8 - 1-1/4
■BB規格:プレスフィットBB86
■シートポスト径:27.2mm
■シートクランプ径:専用(専用工具付属)
■FD台座:直付